外国為替証拠金取引(FX)で初心者が月給を稼ぐ投資日記
オンライン取引ができるFXで素人が月給と同じ金額を稼ぐことを目的としたウェブログ 取引通貨は主にドル円・ユーロ円・ポンド円・ユーロドル・ポンドドルで6~10万通貨で運用
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
ネット銀行全4行がFXに参入へ
ネットバンクのなかで既にFXに参入しているのが、ジャパンネット銀行とイーバンクですが、明日12日から外貨預金を主力商品としてきたソニー銀行がFXサービスを開始します。
また、住信SBIネット銀行も今夏からFXに取り組む方向のようです。

第二の口座を探してるわけですが、取引業者が銀行であれば資金面からもまず倒産の心配をする必要がなくなるので、安心して取引ができるのは強みではないでしょうか。
FX業者の破綻が続いているなかではかなり魅力的に思えます。

まだスプレッドなどの条件をまったく調べてないので銀行でFXの口座を作るかどうかはわかりませんが、サービス面が変わらないようなら銀行で第二の口座を持とうと思います。
トレードするいぜんに業者選びに慎重になるのはみなさんも同じだと思いますが、せっかく利益が出てもお金を預けている業者次第で全額失うということだけは避けたいですからね。
スポンサーサイト
4月のFX月間成績 -2008年度-
今回も遅くなってしまいましたが、4月の月間成績発表です。

+363,587円

金額を計算してて気づいたのですが、4月は円がらみのトレードしかしてなかったみたいです。
なので計算が楽でした。
3月にストレート通貨で痛い目にあってるので、手を出しづらかったというのが原因だと思いますが、1回もトレードしてなかったとは思いませんでした。

4月から下でショートしているポジションが塩漬けになってますが、これは決済していないため今回発表した金額に含まれていません。
もうちょい下げてくれば、含み損から含み益にかわりそうなので、来週の動き次第では決済されるかもしれません。

それから現在、口座はひまわり証券しか使ってないのですが、倒産などなにが起こるかわからないFX業界ですから、資産を分散する意味でも他に口座を開設しようと企んでます。
個人的には資産全保全という条件でなければ怖くて口座にお金を預けられないと考えているので、その条件に合う業者を探すことになりそうです。
単なる調整か、それとも本格的な暴落の始まりか
久しぶりの更新ですが、この間、トレードはこれまでどおりしてましたが、ブログの更新をサボってしまいました。
このままサボり癖がつかなければよいですが。

4月から続いていたドルの巻き返しですが、ここ3日で対円では随分下げてきました。
単なる調整の可能性もありますが、本格的な暴落の始まりのような気配も!?
連日の原油高更新でついには、1バレル126円にまで達したことが背景にありますが、原油の高騰はどこまで続くのか検討もつきませんね。

昨日103円台をキープできずに終わってますし、終わり方をみても来週窓明けスタートになりそうな雰囲気もしますが、どうなるやら。

個人的には、今のレートよりもう少し下でのショートポジション(ドル円とポンド円)があるので、下がって欲しいのですが、このまま下がるとしてどこで利確するか迷ってます。
まあ、今のところは利確どころか含み損という状況ですが。
更新していない間もこのポジションは放っておいてトレードを重ねてきましたが、レバレッジは低めでしたが、戻り売りのスタンスで利を伸ばすことができたので、あとはこのポジションが無事決済できることを祈るだけです。

そういえば、4月の月間成績を計算しようと先ほど口座にログインしようとするも、メンテナンス中だったので、4月の成績発表は明日時間があったらします。
大物投資家ジム・ロジャースの言葉
本日はFX投資結果ではなく、たいへん興味深いブログをみつけたので紹介したいと思います。
ジム・ロジャースのファンサイトです。
投資をしている人なら誰でも一度はジム・ロジャースという名前を聞いたことがあると思います。

雑誌やメディアで紹介されたジム・ロジャース氏の言動をブログで公開されているのですが、これからはこれに投資した方がよい、だとか、自分はこれに投資しているということがわかります。
大物投資家のこういった発言は、たいへん貴重ですし、我々一般投資家にとって参考になる部分があるのではと思い、今回紹介しました。

なんでも、「すべてのパニックが底にみえる」という理由で中国株を久しぶりに買い進めたほか、シンガポール、台湾、香港株を買ったそうです。
為替では、現在買い進めている通貨は円とスイスフランと中国人民元だそうです。

円とスイスフランについては、低金利によってもたらされた円キャリーの崩壊がまだ続くとのことです。
円は1995年に記録した1ドル79円の更新も必死だという見通しを語っていました。
彼によるとドルの下げ相場はこれからが本番だと見ているそうです。

私もまだ方向は下向きであり、これからまだ下げるとみていますが、さすがに79円を切るなんてことは想像がつきませんが未来のことは誰にもわかりませんからね。

今回紹介したジムロジャースファンサイトはこちら

ひろせ通商
FXするならひろせ通商
両建証拠金無料で
即日開設トレード可能

セントラル短資
セントラル短資
外貨投資なら信用と実績の
セントラル短資オンライントレード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。